File20
『木阪さん、お花(話)しがあるのですが・・・』の巻
File19
『似顔絵スタンプでコツコツと!』の巻
File18
少量でも(糊付)製本のヨロコビ』の巻
File17
『テンプレートバンクと木阪賞文堂』の巻
File16
『立て!楯!立つんだジョーっ!』の巻
File15
『低予算で酷暑を乗り切るにはどうしたらいいの!』
              の巻
File14
『講演会は明後日よ』の巻
File13
“小さい”けど“大きな”
悩みを解決せよ
『4o×15oとの戦い』
             の巻
 
File12
オリジナルの耐水性ラベルを作ってね       の巻
File11
自己PRで成功している
名刺の例        の巻
File10
メッセージポールで
集客アップのお手伝い
              の巻
File9
人間には「買わずにはいられない」理由がある・・・
              の巻
File8
『オ〜レ、折れ折れ折れ〜っ』            の巻

File7
『二つ折りポイントカードを納入してねっ!納期は3日間よ』          の巻

File5
春・・・それは卒業の季節               の巻
File4
“無いのならつくってみよう不如帰(ホトトギス)” の巻
File3
“オリジナルプライス
カード”でお店のグレード アップ          の巻
つくれる実例集その3   “オリジナルプライスカード”でお店のグレードアップの巻

 −“オリジナルプライスカード”でお店のグレードアップの巻 −

【お客様】 今回は当社の事例です。

【目的】 先日、山口市の文具のセレクトショップに見学に行ったところ、妙な(?)統一感が漂よ〜ちょります。このお店は、他店様にない品の良い文具雑貨、特に高級品を中心に展開しているお店で、なるほどお客様も上品な方々ばかりです。よい雰囲気のお店には、それに応じたよいお客さんが集まるんですねぇ。ロゴマークをベースにサインボードや、プライスカードが統一されていました・・・商品に直接関係の無い演出がいたるところで見受けられたんです。些細なことかもしれませんが私は見逃しませんでした、とても大切なことだったんです。
これは木阪賞文堂で、少量でもキレイにつくれるじゃあないかっ ! 
小さなお店でも、少量からお店独自のプライスカードでイメージをアップ・・・
そんなお手伝いができるぞ。

【つくれる作戦】
まずは、簡単なロゴを作成しました(下の2点)。下の青い形状の物は、私が個人的に好きな万年筆をイメージしたものです。シンプルを心がけます。
 
ブルーを基調に・・・
プライスカードが出来ました。
今回は名刺サイズのカードです

過度の価格競争は出来れば避けたい・・・そうお考えの方は是非取り組んで欲しいですね。

【ポイント】
下の万年筆は、プラチナ社の#3776-セルロイドモデルで、キンギョという名の愛称の商品です。筆記ショーケース内に陳列されています。ここに、今回のプライスカードを利用して、多少の薀蓄(うんちく)も添えてみると下のように映えます。
これを置いた次の日に、(別の型番ですが)とある紳士に万年筆をお買上頂きました。
オリジナルプライスカードの効果・・・なのでしょうか?
【担当者より一言】
A3の光沢紙を利用して、左の様なサインポールも作ってみました。
店内に連続して置いたりして・・・
売り場にインパクトが出てきましたよ。

ストアーテープ、シール、包装紙・・・
お作り出来ます。

【備考】

つくれる文具屋さん(木阪賞文堂)は、只単に商品を販売するだけではありません。
お客様からのリクエストに対し、文房具&マシン&知恵を利用・活用して出来る限りの事を実行します。今回の様な例であれば、20枚〜お作りします。
あなたのお店を楽しい空間にして みませんか?
木阪賞文堂と一緒に・・・。